帆前掛け(帆布「ハンプ」生地)リメイク⇒帆前掛けバッグ


h001
ボディバッグ

帆前掛け(帆布「ハンプ」生地)を人気のボディバッグにリメイク。


h002
トートバッグ

帆前掛け(帆布「ハンプ」生地)を人気のボディーバッグにリメイク。


h003
メッセンジャーバッグ

帆前掛け(帆布「ハンプ」生地)を造りが凝ったメッセンジャーバッグにリメイク。


h004
巾着袋

帆前掛け(帆布「ハンプ」生地)をかわいい巾着袋にリメイク。

商品案内

日本全国の会社や個人商店、の名前や商品名等など沢山の種類がございます。お気に入りの一点が見つかるはずです。

帆布生地について

帆布(はんぷ、セールクロス、ダック、canvas)とは、木綿、麻を平織りにした厚地の布のことを言います。江戸時代に帆船の帆に使うための、厚手で丈夫な布として作られたのが始まりで、明治以降になって綿を素材とした平織りの厚手の布を帆布と呼ぶようになりました。 現在は、相撲の廻し、油絵用のキャンバス、トラックの幌、また跳び箱や運動マット、建築材料、等に使われています。
一般的に綿帆布とは、経糸(たていと)・緯糸(よこいと)ともに10番手以上を使用したもので、糊などのつなぎを一切使用せず、経糸に撚り糸(数本の糸を撚った糸)を用いて平織りしたものをいいます。
昔から鞄、テント、幌などに使われ、化学繊維と違って天然素材だけで作られています。使い続けるほどに味わいが出て、強度・耐久性・通気性にも優れており、静電気も起きません。
帆布というのは、とても優秀な素材なのです。
日本国内の帆布の約7割を岡山県倉敷市郷内で生産され。これは古くから綿花の栽培が盛んで、糸を撚る技術があったことに由来している。
「帆布」は丈夫な素材ですので、永く使用することができ、
使い込んだ色落ちやくたっとした生地の表情なども魅力の一つです。 丈夫で無骨な表情は老若男女にも人気です。

帆前掛について

始まりは室町時代に商家の奉公人が付けていたという説が有力です。不要になった帆船の帆で前掛けを作ったからと言われています。昔ながらの酒蔵やお醤油屋さんなどに今でも前掛け文化が根付いているようです。
大正時代には現在の前掛けに近いモノが登場し、当時は「まえたれ(前垂れ)」と呼ばれていました。そして昭和に入り、現在“帆前掛け”の主流となっている染めのプリントや膝丈になりました。
前掛けの利点はもちろん汚れ防止の為ですがお米屋さんや運送屋さんなど、重量物を持ち運びする方々には「腰痛防止」の効果があります。もう一つ、片方の肩にかけて荷物を肩に乗せ利用することもできます。材木屋さんや、木箱に入ったお酒を運ぶ酒屋さんなどでは、服のやぶれ防止に肩掛けとして利用していました。
最近では若い人たちの間で、日本文化に再度注目する傾向などもあり、帆前掛けが人気のようです。糊置き、浸染による伝統的な方法のため、多少のムラ染、にじみ等があります。

メンテナンス

新品硫化染め製品は仕上がった段階で若干の染料が表面に付着していますので、そのまま使用してしまうと、雨や汗などで色が流れることがあります。一度押し洗いを行ってくださいますようお願いします。もし色が落ちて白く残した生地に色が移ってしまった場合は、早急に、たっぷりのぬるま湯に、中性洗剤(※漂白剤入りは不可)を溶かして生地を漬け込み押し洗いしてください。汚れたまま、放っておくと白く残した生地にも色が染まってしまいますので、お気をつけ下さい。他の物と一緒に洗濯されないようお願いします。
【洗濯方法】初めに、ザッと水洗いをしてください。洗濯は、バケツなどにたっぷりのぬるま湯を張って帆前掛けを漬け込み押し洗いしてください。洗剤は、中性洗剤を使用して、漂白剤入り洗剤は絶対使用しないでください。洗濯機はソフトで脱水はかけずに軽く洗う程度ならOKですが、通常のコースで洗ってしまうと色が激しく落ちてしまう可能性がありますのでお控えください。また脱水の作業は洗濯機で行わないで下さい。洗いが終わったら、手で軽くしぼる程度にしてください。干しは、陰干しでお願いします。帆前掛けを軽く絞りましたら、物干しなどにかけてしわを伸ばすように少し引っ張ってください。また、濡れたままアイロンはかけないで下さい。同じように、暖房器具のそば、乾燥機などは、縮みの原因となりますのでお控えください。普通に陰干しを行っても、多少は縮むことがありますので予めご了解ください。